映画「インサイドヘッド」は「脳内ポイズンベリー」のパクリ!?

今、猛烈に見たい映画、「インサイドヘッド」。
ライリーの脳内がこの作品の舞台で、ヨロコビ・イカリ・ムカムカ・ビビリ・カナシミという感情の奮闘劇といった感じかな?
なんかさ、自分の頭の中で感情が色々と奮闘していたら面白いよね。
私のイメージでは、小人みたいな自分が駆けずり回ってるって感じなんだけど(笑)。

まだ予告編しか知らないけど、絶対に好きなタイプのストーリーだと思うんだよね。
キャラクターもかわいいし、カナシミの重要な役割も気になる!

「インサイドヘッド」を知って真っ先に思い出したのが、「脳内ポイズンベリー」。
どちらも感情を擬人化した物語。
ネット上では、「インサイドヘッド」は「脳内ポイズンベリー」のパクリだっていう声もあるとか。
似てるって思ったのは私だけではないってことね。
まあ、どちらも面白そう。

ちなみに、自分の中でどの感情がいちばん優位になっているのかなあって考えてみた。
とりあえずは、ヨロコビであって欲しいって願望はある。
でも、よく泣くし、イライラもするし、均等にありそう。
ただ、ムカムカよりもイカリの方が弱いかもしれないなあ。
あまり怒らないので。
イラっとしても、まあいいかって流しちゃうことが多いから、イカリまではいかないのかもねえ。